美味しい青汁って存在するのですか?

正直に言って私はほとんどの青汁の味が嫌いです。でもその不味さが青汁の効果の証明だろうと思うので飲み続けて来ましたが・・

 

青汁を飲んだことがある人ならば分かると思うのですが、とにかく言葉に言い表せない複雑な味がしますよね。。苦いというのなら問題は無いのですがね、なんて言えば良いのでしょうか、青汁の味って?。

 

調子の悪い時には胸が悪くなるような臭いというのか、味というのか、なんとも表現がしずらい。。。

 

「ああ、美味しい!」なんていう青汁のテレビCMを観ると本当かな?とついつい確かめてみたりしています。青汁だけではないですが続けることが大切なのですよね、こういうものって。

 

家族で飲んでいるのですが、やはり不味い青汁の場合はサボる人が出てきます・・・
というよりも私もサボりがちになりますね^^; 飲むのが苦痛になって止めてしまうと元も子もないです。

でも飲みやすい青汁は薄い!

そう、薄いんですよ、たいがいの飲みやすい青汁って。
そうなると「これ、本当に青汁としての効果があるのかな?」という疑問を感じるのですね。

 

これまで飲んだ青汁で感じたのは不味いものほど濃いってことなんです。
でもそれだけ青汁の力をフルに発揮しているとも言えるわけで。なので単純に飲みやすいからと言って「ハイ、そうですか」と納得できるものじゃないんですよ。
ここが青汁選びの微妙に難しいところかもしれませんね。

青汁の甘みは美味しいといえるのか?

青汁の甘みに関しては好き嫌いがハッキリとするようです。
うちの家族の一人は1番甘い青汁を美味しいと言います。たしかに甘みは旨みとは言いますからね、、、
でも、私は甘みが強すぎるのは苦手です^^; 人それぞれの嗜好によって評価が分かれるところだと思います。

 

 

そんな一長一短のある青汁なんですが、我が家で飲んでいるベスト3を紹介します。

えがおの青汁 家族全員が◎の満点評価できる唯一の青汁です!

これまで不味い青汁を我慢して飲んでいた人なら、きっと「おいしい」と思うかもしれません。実際、私も家族も全員がおいしいと言った唯一の青汁が「えがおの青汁」です。

 

はじめて青汁を飲む人には、どうでしょうか?。コーヒーや紅茶のようなイメージを抱かれると困りますが・・・やはり嗜好品のような美味しさという訳には行かないでしょう。

 

私の経験で言うと青汁の不味さの1番の原因は「匂い」にあると思っています。幅広のコップで飲むとキツイんですよね、間違って鼻から吸い込んじゃうと胸が悪くなるような・・・。なので以前は青汁を飲む時は、細めのコップで息を止めて一気飲みしていたわけです。

 

ところがこの「えがおの青汁」はほぼ無臭なんです。青汁が苦手の私でも息をしながら普通に飲めるんですよね。

 

よくマズさの原因は原料のケールにあると言われるのですが
「えがおの青汁」にはケールもちゃんと入っているんですよね
(主原料は大麦若葉)。

 

味はほんのりとした甘みがあります。あくまでも「ほんのり」なんです。
個人的に甘い青汁が嫌いなのですが「えがおの青汁」の甘みはそんな私でも大丈夫なような「控え目な甘み」なんです。

 

そして特筆モノが溶けやすさなんです!!
シャカシャカカップが必要ありません。スプーンでかき混ぜるだけでオッケーなので凄く楽なんですよね^^

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5485800020966796"
data-ad-slot="5570754761"
data-ad-format="auto">

 

総合的に見てもほとんど欠点の見当たらないのが「えがおの青汁」です。

 

美味しい青汁に最も近いのがこの青汁だと思いますよ。

 

ふるさと青汁 スッキリとした後味で◯ 甘みがないので評価が分かれましたね・・・

うちの家族には甘い青汁が大好きという人がいて、その人から票が入らなかったのがマイケアの「ふるさと青汁」でした。

 

でも個人的にはかなり好きですね。美味しいとまでは行きませんが爽やかな大人の後味?という感じがしてお気に入りです。

 

主原料は明日葉というものなのですが、たぶん、この味がスッキリ系なんでしょうか?

 

我が家の甘いの大好きな人は唯一、苦手と言っていますが・・・この味は多少、好き嫌いが分かれるところかもしれませんね。

 

「えがおの青汁」同様に「ふるさと青汁」も溶けやすさが素晴らしいですね。シャカシャカカップが必要ありません。スプーンで混ぜるだけでOK牧場です。

 

朝の時間のない時などは、けっこう重要なポイントなのですよ、溶けやすさって。
シャカシャカカップを使わないとイケないから飲むのは後にしよう、、という理由になっちゃうこともあります^^;

 

私のような青汁には甘みは必要がない人なら絶対に気に入りますよ。
スッキリさでは間違いなく「えがおの青汁」を上回っていますから。

 

 

キューサイのはちみつ青汁はとにかく甘い! 青汁としての濃厚さでは群を抜いていますが・・・

正直言って、この「キューサイのはちみつ青汁」を美味しいと書いている口コミブログなどがありますが、
嘘をつけ!って思っています^^; 匂いがキツイんですよね。それと甘みが強すぎると思います。夏場の温い水で飲むと強烈ですよ(汗)

 

ただ我が家の甘党が「キューサイのはちみつ青汁」が好きなので、甘みにフォーカスするとおいしいと言う人もいるのかもしれませんね。

 

もうひとつ大きな欠点があります。
溶けづらいのです。スプーンで混ぜるだけではダメですね。よって付属のシャカシャカカップが必須となります。

 

と散々、書いていますが、でもうちでは購入し続けているのですよ。

 

この「キューサイのはちみつ青汁」はダントツで濃厚なんです! 効いてる感じが凄いんですよ。
国産ケールを使用しているから、美味しくはならないんですよ、きっと。でもだから青汁なんです、この不味さが^^;

 

ある意味「青汁はこうあるべき!」という王道を守り続けているのが「キューサイのはちみつ青汁」なんです。
ここに清き1票!

 

さらに詳しく青汁の価格や飲みやすさ、溶けやすさや乳酸菌が配合されているか?などなどを比較している青汁人気ランキングをご覧いただければきっとあなたの飲み続けるべきものが分かると思います。実際に飲んで試していますので参考になると思います。