青汁について|美味しい青汁【実際に飲んでみると驚きました!】記事一覧

青汁は不味いというイメージがありますが、青汁のまずさの原因はケールの独特の苦みにあるようです。ケールは豊富な栄養素を含み、大変優秀な野菜です。ケールを原料とした青汁は苦みが強く、「不味い」と感じる人も少なくありません。しかし最近では、独特のまずさをカバーするさまざまな工夫が加えられ、ケールを原料としていてもおいしく飲める青汁ばかりです。例えば「まずい、もう一杯」のCMで有名なキューサイの青汁は、ケ...

テレビCMで有名な青汁と言えばまず「まずい、もう一杯」で一躍有名になった『キューサイの青汁』が思い浮かびます。キューサイの青汁は青汁の原料の中でも一番苦くてまずいとされるケールを使っています。しかし、山田養蜂場の上質なはちみつを加えることによって優しい甘みがプラスされ、大変おいしく飲みやすくなっています。今では青汁初心者から子供までゴクゴク飲める健康飲料になりました。もう一つ、テレビCMで思い浮か...

青汁の成分の中でも、おそらく1番耳にするのがケールでしょう。ケールはキャベツに似た地中海沿岸など、温暖な気候の中であれば、1年中収穫できる野菜です。栄養価が高く、緑黄色野菜の中でも、特にビタミンの含有量が多いのが特徴です。2000年も前からケールがあった地中海などでは、キャベツと同じように野菜として活用していますが、味に少しくせがあり、日本ではほとんど直接食べられることはなく、遠藤医学博士がその高...

青汁の成分として、よく名前を聞くのがケールと明日葉ですが、明日葉がいったいどういうものなのかについては知らない人も多いのではないでしょうか。明日葉は、今日摘んでも明日には新しい芽が出るという、その成長の速さと生命力の強さとに由来した名前で、日本が世界に誇れるセリ科の植物です。明日葉の力は何と言ってもその強壮力で、これは、秦の始皇帝がその昔、強壮力をつけるため、この明日葉を欲したために、はるか日本ま...

ケールや明日葉などと同じくらい青汁によく入っているものに大麦若葉があります。大麦若葉は食物繊維が豊富であることに加え、体内、特に腸内の不要な物質を排出することで、便秘を改善してくれるという、世の女性たちの悩みを解決してくれるものです。その他にも、コレステロールの吸収を抑える働きもあるため、血中コレステロール値を整え、血液の流れを整えるなど健康促進にとても有効です。加えて、ミネラルやビタミンA・B・...

ケールや明日葉、大麦若葉などよりもマイナーなもので、青汁とミックスされているものに長命草があります。この長命草は健康な食品が多いとされ、それが長寿の理由とされてもいる沖縄にあるセリ科の常緑多年草で、沖縄では、料理に使ったり、時には煎じて飲むなどして活用され、1株食べると1日寿命が延びると考えられてきました。また、与那国では、和え物や刺身のツマなどとしても用いられ、日常の食事の中に入り込んでいます。...

桑の木の葉である桑の葉も、青汁の原料として入っていることが多いものの1つです。中国地方から朝鮮半島が原産地であり、熱帯や亜熱帯の山野自生している桑は、桑の葉をえさとする蚕が伝わってきた3世紀頃に、共に日本に伝わってきたと言われます。栄養素が高く、お茶としてもよく飲まれます。含まれている栄養素としては、カロチンやミネラル、鉄分、カルシウムなどが特に豊富で、「神農本草経」という後漢時代に書かれた書物で...

青汁は今色々な会社から発売されていますよね。青汁が体に良いのはなんとなくわかるけれど、青汁の効能とあらためて聞かれたら答えられますか?今日は健康補助食品の青汁の効能について書いてみたいと思います。青汁の効能といっても、各社青汁の差別化を図っていますので、青汁のメーカーでも違いがあります。まずは各社の青汁に共通した効能として、原材料が野菜のためビタミンを手軽に摂取できるという点です。ビタミンはご存じ...

健康と美容に必要なのは栄養バランスがとれた食生活です。現代人は野菜不足で、質の悪い物を食べ過ぎている傾向にあると思います。そのため、健康に害を及ぼし、肌も荒れて悩んでいる人も増えています。青汁は健康と美容には良い効果があると言うのは、広く知れ渡っていることです。一般的な効果にはどんなものがあるのかといいますと、老化防止、便秘解消、貧血予防、美肌、冷え性、肥満防止など幅広いです。青汁は血液をサラサラ...