青汁の種類 長命草入り

ケールや明日葉、大麦若葉などよりもマイナーなもので、青汁とミックスされているものに長命草があります。この長命草は健康な食品が多いとされ、それが長寿の理由とされてもいる沖縄にあるセリ科の常緑多年草で、沖縄では、料理に使ったり、時には煎じて飲むなどして活用され、1株食べると1日寿命が延びると考えられてきました。また、与那国では、和え物や刺身のツマなどとしても用いられ、日常の食事の中に入り込んでいます。沖縄県八重山諸島の珊瑚石灰岩のところや海岸断崖に生えており、厳しい自然の中でも生きていくことができます。和名はボタンボウフウと呼ばれるのですが、これは葉の様子がボタンに似ているからで、薬用としても活用されるため、漢方の1つである朝鮮人参の代わりに使われることもありました。

 

栄養成分としては、ビタミンA・B2・B6・C・Eをはじめ、ベータカロチンなども緑黄色野菜より多く含まれていると言いますから、その栄養価の高さは驚きです。また、その他の栄養素、カルシウムやマグネシウム、それに、鉄分や食物繊維などもかなり豊富です。加えて、普通野菜ではあまり言われない栄養成分として、赤ワインや緑茶などに多いとされるポリフェノールなども含まれており、動脈硬化や高血圧、神経痛、リュウマチなど、成人病や、加齢とともに起こりがちな病気の予防にも効果的です。

 

このように魅力的な栄養素が豊富に含まれた、長命草入りの青汁としては、えがおの青汁や与那国オリジナルの青汁などが発売されています。

ついに見つけた! おいしい青汁♪

 

実際に飲んで比較してみました。参考になると思います!

 

値段も安くて飲みやすく健康成分もバッチリ配合している青汁は??

 

トップページをぜひご覧ください。