青汁は実にたくさんありますが

青汁は今色々な会社から発売されていますよね。青汁が体に良いのはなんとなくわかるけれど、青汁の効能とあらためて聞かれたら答えられますか?今日は健康補助食品の青汁の効能について書いてみたいと思います。青汁の効能といっても、各社青汁の差別化を図っていますので、青汁のメーカーでも違いがあります。

 

 

まずは各社の青汁に共通した効能として、原材料が野菜のためビタミンを手軽に摂取できるという点です。ビタミンはご存じの通り肌に良く美肌効果が期待できます。大抵の青汁には大麦若葉ケールなどビタミンを豊富に含む緑の野菜が使われているので、青汁でビタミンが摂取できるのは、当然と言えば当然ですね。また最近では絞り汁ではなく原材料の野菜をそのまま粉にしたものなど、青汁を飲めば食物繊維も一緒にちゃんと摂れる青汁も増えてきています。

 

もっと言えば一日分の野菜を摂取できる青汁もあるようです。それから、差別化による各社の青汁の違いもみてみましょう。まず、サントリーの青汁で特徴的なのは、最近よく耳にするケルセチンプラスという関節や血流に効果のある成分が含まれていることです。次にファンケルの青汁にはカルシウムの吸収に優れたツイントースが配合されています。もう一社、青汁といえばキューサイが有名ですが、キューサイの青汁にはお子さまや青汁が苦手なひとでも飲めるようにと栄養価の高いハチミツが使われています。こうしてみると、青汁も様々で効能も色々あるのがお分かりいただけると思います。青汁の効能をみて、自分の体にあった青汁を選ぶのも良いかもしれませんね。