青汁の不味さの原因って何?

青汁は不味いというイメージがありますが、
青汁のまずさの原因はケールの独特の苦みにあるようです。

 

ケールは豊富な栄養素を含み、大変優秀な野菜です。
ケールを原料とした青汁は苦みが強く、「不味い」と感じる人も少なくありません。

 

しかし最近では、独特のまずさをカバーするさまざまな工夫が加えられ、
ケールを原料としていてもおいしく飲める青汁ばかりです。

 

例えば「まずい、もう一杯」のCMで有名なキューサイの青汁は、ケールを原料としています。

 

「まずい=健康にいい」というイメージもありますが、
キューサイはこのまずい青汁にはちみつを加えることによって、
栄養価はそのままに、青汁独特の苦みやまずさを、
はちみつの優しい甘さをプラスすることによって見事に飲みやすく改良しました。

 

他の青汁の原料は、大麦若葉、明日葉などが代表的ですが、
どちらも多少は癖がありますがケールほどの苦みはなく、また、飲みやすく改良された青汁ばかりなので、
今は「青汁は不味い」というイメージは薄くなってきています。

 

これからは、青汁は「おいしく栄養素を補える飲み物」というイメージにシフトしていくと思います。

 

ついに見つけた! おいしい青汁♪

 

実際に飲んで比較してみました。参考になると思います!

 

値段も安くて飲みやすく健康成分もバッチリ配合している青汁は??

 

トップページをぜひご覧ください。

 

 

 

青汁の特徴 飲む際の注意点を

 

さまざまな面で体に良い影響をもたらせてくれる青汁ですが、飲む際に注意しておくべき点もあります。
まず、誰もが注意しておかなければならないのは、摂り過ぎです。適当とされる量を超えて摂取し過ぎると、普通ならば解消されるはずの便秘を引き起こしてしまったり、下痢や発疹、吐き気などの症状を引き起こしてしまうことがあります。基本的に青汁は1日に1〜3杯程度が適量とされているので、その量を守って、健康に役立てるようにしましょう。また、アレルギーに関しても、基本的には、アレルギーを抑制する効果があるのが一般的なのですが、選ぶ商品によっては、アレルギーの原因となってしまう場合もありますので、どういった内容の成分からできているのか、特に、添加物や甘味料の部分の表示をしっかりと確認してから摂取することが大切です。

 

また、人工透析を行っている人も注意が必要です。青汁と言えば、豊富な栄養素が入っているというところがポイントですが、その栄養素の中にはビタミンAやリン、カリウムなどが入っています。これら栄養素は、体の中の不要なものを排出する働きがあるとして、喜ばれますが、腎臓が弱っている人、つまり人工透析等を行っている人にとっては、カリウム自体を体外に排出することも難しくなってしまうため、体内にカリウムが残り、溜まっていってしまうというわけなのです。そして、体内で蓄積され続けると、しびれや吐き気といった症状にはじまり、不整脈や血圧が低下してしまうといった症状までもが発生してしまうのです。

オススメの青汁は我が家で定期購入している「えがおの青汁」です。価格・味・溶けやすさなど文句なしのナンバーワンだと思います。

 

口コミが参考になると思います⇒トップページをご覧ください♪