青汁の製造・販売メーカー|美味しい青汁【実際に飲んでみると驚きました!】記事一覧

青汁作りの先駆者とも言えるべき存在であるキューサイ株式会社は、1965年10月に菓子製造販売会社として創業したことに始まります。福岡県福岡市中央区に本社があり、「九州自然野菜組合」という名前を略してキューサイとなりました。1969年10月にニチレイの協力工場として冷凍食品を製造しはじめ、これをきっかけとして、1982年9月にケールを原料とした冷凍青汁「キューサイ青汁」を製造・販売し始めました。そし...

遠藤青汁とは、遠藤仁郎さんが指導し、ケールを原料とし、栽培から製造まで厳しく決められた方法に基づいて作られた長い歴史を持つ青汁です。この遠藤青汁ができるきっかけとなったのは、戦争中、軍医として働いていた遠藤仁郎さんが、派遣先できる駐屯地で戦時下での食糧難の中、大根などの野菜の葉の栄養価の高さに気付き、野菜をはじめとする食糧不足や、健康面を改善しようと、1955年、いろいろと研究に研究を重ね、青汁の...

遠赤青汁は愛媛県の東温市に本社を置く、青汁の製造・販売の会社です。もともと農業を営んでいた、社長の高岡照海さんが自然に近い栽培で、素材の栄養価をより高め、元気に育てたいという思いから、契約農家の人と共に有機栽培にいち早く取り組んだケールを使用して作られたのが遠赤青汁です。ケールは特に冬場、葉も厚く、色も濃くなり栄養価が高く、甘みも増したものになります。これに加え、有機栽培の天敵である青虫の被害も、...

熟成やずやの香醋や、雪待にんにく卵黄、やずやの発芽十六雑穀、やずやの千年ケフィアなどの商品で知られる健康食品の通信販売事業を展開するやずやからも青汁は発売されています。福岡県に本社を置くやずやは、昭和50年に創業し、さまざまな健康食品を世に送り出してきました。大滝秀治さんの声で「やずや、やずや」と言われるCMで知っている人も多いのではないでしょうか。やずやの特徴と言えば、まず、豊かに健康に生きるた...

健康食品や飲料などの製造・販売でよく知られるサントリーからも青汁は発売されています。青汁を製造・販売しているのはサントリーウエルネス株式会社で、これは、ビールや日本の洋酒、清涼飲料水などを製造・販売している会社である、サントリーホールディングス株式会社から100%の出資を受けた、健康に役立つ素材を探し出し、最大限に生かす方法を科学的に検証・商品化していく、健康関連事業を行う会社です。健康志向が高ま...

横浜に本社を置く、美容と健康を育む、化粧品・健康食品のメーカーとしてよく知られている株式会社ファンケルも青汁を製造・販売している会社の1つです。ファンケルは、化粧品による肌トラブルが社会問題となっていた1980年の4月に、添加物をいっさい使わず、使う人の肌を美しくする本物の化粧品を届けたいという思いから「ファンケル化粧品」として創業し、翌年8月株式会社ファンケルを設立しました。その後も、自社で数々...

田辺食品株式会社は、大阪府に本社を置く、青汁専門の製造業者で、特に乾燥タイプの青汁「ピロサン」を多く作っています。もともとの設立のきっかけは、岡山県で1956年頃に行われていた「遠藤青汁の会」を知り、岡山から大阪に移り住んだことを機に、京阪神地区でも当時は珍しかった青汁というものを普及させようとする動きが始まりました。初めは、生の青汁を主として製造・販売していましたが、夏の時期に傷まない代わりの商...

健康に良いさまざまな商品を製造販売している、ヤクルトヘルスフーズ株式会社も青汁を製造・販売しています。ヤクルトヘルスフーズは、ヤクルト本社の子会社で、大分県に本社を置きます。もともと、ヤクルトとキリンの両グループの研究し、商品化する能力をうまく協力させることで、おいしく、安全な健康を助ける商品を作るために、両社が出資し、キリンヤクルトネクストステージ株式会社として設立したのが始まりです。しかし、こ...

大阪府に本社を置き、仁丹の製造元として知る人が多い、森下仁丹株式会社は医薬品を中心とし、食品なども製造・販売している会社です。地球環境を守る緑の会に属しており、「百年人生を応援する」というスローガンを掲げています。創業は1893年2月で、「森下南陽堂」と薬種商を大阪市で初代の森下博がはじめたのがきっかけです。商標である、上部に人物が描かれているマークは、一見すれば軍人かとも思ってしまうが、あれは大...