キューサイの青汁

青汁作りの先駆者とも言えるべき存在であるキューサイ株式会社は、1965年10月に菓子製造販売会社として創業したことに始まります。福岡県福岡市中央区に本社があり、「九州自然野菜組合」という名前を略してキューサイとなりました。1969年10月にニチレイの協力工場として冷凍食品を製造しはじめ、これをきっかけとして、1982年9月にケールを原料とした冷凍青汁「キューサイ青汁」を製造・販売し始めました。そして、1990年10月に、青汁が一般の人の中で有名となるきっかけとも言える、八名信夫さん出演の「まずい、もう一杯」のフレーズで知られるCMが放送されます。その後、さまざまな研究が重ねられ、多くの商品が開発され続けてきました。2004年12月には「ヒアルロン酸コラーゲン」といった、今まで販売していた健康食品とはおもむきの違う美容に力を入れた商品が発売されました。そして、これを皮切りにさまざまな美容に関する商品も販売されていくようになるのです。また、2010年8月には、コカ・コーラウエストが株式を取得し、完全子会社化しました。
キューサイの青汁と言えば、その第一の特徴は国産ケールを100%使用している点です。そのこだわり方はかなり徹底しており、種を育てる段階から自社の厳しい管理体制の中で、品質基準をクリアしたものだけを使用して作っています。また、農薬や化学肥料は一切使わず、国内の自社グループファームと契約農家で農薬を使わず作られたもののみから作っています。
同社の商品では、現在、ダブルの健康素材である、国産ケールと熟成はちみつを使用することで飲み口もほんのり甘くかなり飲みやすくなった「はちみつ青汁」がかなり人気となっています。

 

ついに見つけた! おいしい青汁♪

 

実際に飲んで比較してみました。参考になると思います!

 

値段も安くて飲みやすく健康成分もバッチリ配合している青汁は??

 

トップページをぜひご覧ください。

キューサイ|青汁の製造・販売メーカー関連ページ

遠藤青汁
遠赤青汁
やずや
サントリー
ファンケル
田辺食品
ヤクルトヘルスフーズ
森下仁丹