森下仁丹の青汁

大阪府に本社を置き、仁丹の製造元として知る人が多い、森下仁丹株式会社は医薬品を中心とし、食品なども製造・販売している会社です。地球環境を守る緑の会に属しており、「百年人生を応援する」というスローガンを掲げています。創業は1893年2月で、「森下南陽堂」と薬種商を大阪市で初代の森下博がはじめたのがきっかけです。商標である、上部に人物が描かれているマークは、一見すれば軍人かとも思ってしまうが、あれは大礼服姿の外交官を描いているということです。この仁丹の製造・販売からスタートし、大きくなった森下仁丹ですが、その「銀粒仁丹」がもととなり、そのコーティング技術をさらに発展させることで、つなぎめがない、最先端のシームレスカプセルを用いて、さまざまな商品を作り出している。例えば、植物エキスを使った、ダイエット食品や健康食品、ビフィズス菌を使った食品や化粧品などがあります。それに加え、銀粒仁丹の原料でもある生薬成分の研究にも力を入れ、さまざまな形でそれを活かしています。そして、今まで培ってきた伝統と先端技術をさらに進化させ利用することで、高齢化社会を迎えている今の社会にセルフメディケーションを幅広く浸透させ、より多くの人が健康に、楽しく生活していけることを目標としています。そんな森下仁丹が作る青汁は、刈ってすぐの新鮮な大麦若葉を低い温度で乾燥させ、粉末にしたものに、飲みやすさを考え、緑茶の粉末を加えて作った緑茶青汁です。

 

ついに見つけた! おいしい青汁♪

 

実際に飲んで比較してみました。参考になると思います!

 

値段も安くて飲みやすく健康成分もバッチリ配合している青汁は??

 

トップページをぜひご覧ください。