循環器系疾患やコレステロールとの関係

健康に対して大部分に良い影響をもたらす青汁ですが、その人が持っている疾患によってはそれが悪影響をもたらす場合もあります。例えば、循環器系の疾患を持っていた場合が悪影響がもらされる一例で、青汁に含まれているビタミンKが問題となります。ビタミンKは、健康な人にとっては、血液の凝固作用を強くしたり、骨を丈夫にするなどの効果がありますが、循環器系の疾患がある場合には、病気のために処方されている薬の効果を弱めてしまうことがあるのです。

 

逆にコレステロール値に問題がある人などにとっては青汁は効果的です。コレステロールには善玉と悪玉の2種類があり、前者は余っているコレステロールを回収する働きを持ち、後者はホルモン、あるいは細胞の材料であるコレステロールをそれぞれの細胞に送り届ける働きを持つのですが、前者のように余っているコレステロールを回収する働きがないため、血管にこびりつき、壁を大きくしてしまうことで、血管の通り道を狭くし、動脈硬化を引き起こしてしまうというわけなのです。このようなことが起こらないようにするためにも、青汁の働きで、コレステロール値を下げることが必要です。体内では活性酸素が生成されますが、この活性酸素は血管の壁にくっついた悪玉コレステロールを酸化させます。そうすることで、血管の壁を老化させてしまうのです。そこで、役立つのが青汁で、青汁は緑黄色野菜からできているため、抗酸化成分がいっぱいで、体の中にある活性酸素の働きを抑えるという働きをしてくれるのです。

オススメの青汁は我が家で定期購入している「えがおの青汁」です。価格・味・溶けやすさなど文句なしのナンバーワンだと思います。

 

口コミが参考になると思います⇒トップページをご覧ください♪

循環器系疾患やコレステロールとの関係|おいしい青汁関連ページ

タンパク質
食物繊維
乳酸菌
マグネシウム
カルシウム
カリウム
生姜