カルシウムはどんな働きをする?

人間の身体は様々なミネラルを必要としますが、特に身体の中で多いミネラルがカルシウムで、その人の体重の2%ほどをカルシウムが占めていると言われています。誰もがしっているところだと骨や歯の99%がカルシウムで生成されている特徴があります。このため骨や歯の健康にはカルシウムが欠かせないので、カルシウムが不足してしまうと骨が折れたり歯が抜けてしまう危険性があるので、日頃から積極的にカルシウムを摂取することをおすすめします。

 

このカルシウムにも2種類の機能を持つカルシウムがあります。1つめは骨や歯を構成するために重要な「貯蔵カルシウム」と言われているカルシウムと、血液の中にあるカルシウムを「機能カルシウム」と言われています。一般的に知られているカルシウムが骨や歯を構成している貯蔵カルシウムですが、身体の生理機能を維持するために「機能カルシウム」も重要になってくるので、この2つのカルシウムを意識してカルシウムを摂取するようにしましょう。カルシウムが多く含まれている食材として知られているのが、「牛乳・ヨーグルト・ワカメ・ひじき・小魚」などにカルシウムが多く含まれています。