マグネシウムは健康成分?

マグネシウムって健康に良いの?と疑問に思ってしまう人もいるかもしれませんが、マグネシウムは健康に欠かせない栄養素として知られています。このマグネシウムはマグネシウムは300種以上の酵素の補酵素としてその活性化に必要な栄養成分として知られています。

 

またマグネシウムは「骨」との関わりがあり、骨や歯の60%がマグネシウムだと言われています。マグネシウムはハイドロキシアパタイトの構成成分として成り立っていて、骨の弾力を維持する効果があるのがマグネシウムなのです。もしマグネシウムが不足してしまうと骨が折れやすくなったり、骨粗鬆症の症状が顕著に出てしまったり、歯が抜けやすくなり健康を害してしまう危険性が あるので、注意しなければいけません。この他にもマグネシウムは、細胞膜内外の濃度勾配を維持してくれる働きがあります。細胞外ではナトリウムの濃度が、細胞内ではマグネシウムやカリウムの濃度が高くなります。この濃度の調整をしているのがマグネシウムなのです。このようにマグネシウムと健康は密接な関係があり、必要不可欠な栄養素なのです。