生姜(ショウガ)の効能とは?

生姜は紀元前500年前、日本でも紀元前3世紀頃には中国から伝ってきたとされているので、古くからあった食べ物になります。この生姜はショウガ科の多年草であり、食材・生薬として利用されてきた食材になります。生姜には多くの健康に有効な成分が含まれていて、ビタミンB1、B2、ビタミンC鉄分、カロチン、カリウム、カルシウムなどが豊富に含まれていて、これらの成分を摂取することで健康を維持することができます。

 

生姜といえば辛みが特徴ですが、これはジンゲロールとショウガオールに由来する特有の辛味とジンゲロンに由来する独特の香りがあるので辛みが出る特徴があります。特にジンゲロールとショウガオールが健康に良いとされています。ジンゲロールは「低体温状態を改善する効果」があるので、女性に多い冷え性の改善や風邪の改善に効果があります。ショウガオールは殺菌作用があって、中枢神経系の興奮を鎮める効果があります。生姜は冷え性や風邪に効果があると知っている人は多いですが、なぜ効果があるのか?ということを知っている人は少ないです。その答えがジンゲロールとショウガオールなのです。